投稿

Calc(LibreOffice)で日時データを日付、時間(時や分)に分離する手順

・何をしたいのか? 日時データ(例 : 2017/11/6 8:10)が含まれるデータファイルの解析で、日付や時間を分離しておきたい。
例えば、以下に気象庁のサイトからダウンロードしてきた東京の最近1ヶ月の毎時気温データがあります。
ここから毎日の10時のときの気温だけを抜き出したい場合に、日付と時間が一つのセルに一緒に入っていると扱いが面倒。そこで表計算ソフトの機能を使って、セルの中の日付データを分離したいというわけです。
データとしてはここに示した気象庁からダウンロードしてきたものに限らず、日時を扱う場合に汎用的に使える方法を示していきます。
使用する表計算ソフトはLibreOfficeのCalcです。

・手順としては2つ 日時を分離する方法は2つあります(もっとあるかも知れないけれど今回はこの2つ)。
1つ目は特定の記号でデータを分離する方法。
2つ目は関数で欲しいデータのみを抜き出す方法。

・手順1 記号で識別して分離する方法 とりあえずサンプルデータとして次の日時データを用います。
2017/11/6 8:10:00  これをセルの書式設定で調べると、以下の書式コードとなっています。
さてこのデータを分離していくわけですが、Calcの機能としては「テキストから列へ(X)…」を用います。メニューバーの「データ(D)」を開くと見つけられます。
 クリックすると以下のウィンドウが開きます。
ここで「区切りのオプション」を指定することで、任意の記号でデータを分離していくことが出来ます。ここでは日付(201711/6)と時刻(8:10)を分離するため、スペースで区切るよう指定しています。
分離すると以下の画像のようにB列に日付、C列に時刻に分かれます。B列の日付に0:00と時刻がくっついてきてしまっていますが、これは書式設定で時刻を含まないように指定しましょう。
 ここまでで整理すると以下の画像のようになります。
次にC列の時刻の分離をしていきます。手順としては先ほどと同様。時刻の入っているセルを選択して「テキストから列へ(X)…」を用います。
さっきは区切りオプションはスペースで分離しましたが、時刻はコロン「:」でそれぞれ分離出来るので、それを指定します。区切りオプションに「その他」の項目があるのでチェックして右隣の空欄に「:」を入れます。
そうすると以下のよう…

お化けや呪いなんてあるわけがない…?

Pythonのソースコードで関数の書き方が違う場合があるのはなぜかという話(モジュールの読み込み)

cronでスクリプトを定期実行させようとしたのだけど、なぜかうまく行かなかったときの原因

Open Babelの解説 : 化学式や分子モデリングのファイル形式変換ソフト&ライブラリ

3D分子モデリングのファイル形式 : xyzファイルフォーマットについて簡単なまとめ

カメムシ襲来!(秋の風物詩)

Emacsの各種フォント設定方法(Linux環境)

GNOMEのキーボード・ショートカットで違うキーの組み合わせでも動作してしまっていたので修正

GNOMEデスクトップ環境で挙動が怪しくなったときのリセット方法

太陽フレア現象(9月6日発生)の情報まとめ(9月12日昼時点まで)

lsコマンドで相対パスを付けてファイル名を出力する方法

初めてEmacsを使うときのマニュアルなどの話

Emacsのウィンドウタイトルをコマンドで変更する方法

太陽フレア現象再び(2017年9月11日)

引き続きibusを試してみたときの作業記録的なお話 (Ubuntu 16.04.3)

日本語インプットをfcitxからibusに切り替えようとしたときの作業記録(Ubuntu 16.04.3)

太陽フレア現象(2017年9月6日発生)関連のお話の用語をいくつか

Org-Mode(Emacs)のコードブロック機能でちょっとしたお遊び

Emacsで行の先頭にあるスペースを削除する方法