投稿

電子辞書EX-wordのちょっとした小ネタ

調べものをするときに電子辞書として2014年に発売されたCASIOのEX-word XD-U9850を使っています。
XD-U9850 - 専門 - 電子辞書 - CASIO

そこで使っていて思いついたり見つけたりした小ネタをいくつか紹介してみたいと思います。

USB給電 この機種ではUSB-ACアダプターとUSBケーブル(USB-microUSB)を使うことで、そこから電源を取ることが出来ます。そうすると電池が減る心配が少なくなるので、例えばオートパワーオフまでの時間を長く設定して常にすぐに検索出来るようにするといった使い方も出来ます。パソコンで調べものをしているときに、脇に電子辞書を置いておいてゆっくり辞書の方を読むといった使い方も出来るでしょう。
電池が切れる心配が(ほぼ)なくなるというのは、結構使っていて気分的な違いが出てきます。
(注意 : USB"充電"ではなく"給電"なので、セットしてある電池の充電は出来ません)


「シフトキー」を使って辞典/モードキー下段の辞典を選ぶ 辞典/モードキーを使うと、すぐにそれに割り当てられている辞典を開くことができます。
上の写真で「リーダーズ/英和大」のキーを押すと、「リーダーズ英和辞典」が開きます。そしてそのまま続けて同じキーを押すと、「ジーニアス英和大辞典」が開きます。
これはこれで便利なのですが、「ジーニアス英和大辞典」の方を使いたい時に2回キーを押すのは若干煩わしいです。

そういった場合、この機種では「シフトキー(下の写真)」を一回押してから「辞典/モードキー」を押すことで、下段に書かれた辞典をすぐに開くことが出来ます。
さて、下段の辞典を開くのに同じキーを二度押すのと、シフトキーを押してから辞典/モードキーを押すのでは、キーを押す回数は同じです。これでは特にメリットが無いように思えますが、この方法の利点は一回目にキーを押した段階で使わない辞典を開く必要がないということになります。

「リーダーズ/英和大」キーを押す場合について考えてみます。
辞典/モードキーでは
  リーダーズ英和辞典→ジーニアス英和大辞典
という開き方になります。
これがシフトキー→辞典/モードキーでは
  ジーニアス英和大辞典
がすぐに開きます。このようにわざわざ使わない上段の辞典を開かなくても済…

掃除機のホースにホコリが詰まってたので取り除いてみた

【問題】Part.2 おまんじゅうがそれぞれいくつ売れたのかを求めるには?

【問題】おまんじゅうはそれぞれいくつずつ売れたでしょうか?

キーボードショートカットで音量調整を行う際にポップアップ表示が出るのを回避する方法(GNOMEデスクトップ環境)

Terminal pager(ページャー)とはなんぞや

HTMLとCSSでカードアイテムを並べてみる(flexboxを使用)

LibreOffice Calcで描けるグラフの種類 (メモとして)

Sonic PiをUbuntuで使う場合のサウンドサーバー絡みのあれこれ

変換候補に出てこない言葉「描像」

クイズ : 1, 11, 21, 1211, 111221 の後には何の数字が続くでしょうか?

aptコマンドはこれまでのapt-getなどと比べて何が楽になるか

「ifconfigではなくipコマンドを使うようにしよう、もはや時代は変わった」という話

wcコマンドをファイル数を数えるために使う方法

renameコマンド : ファイル名一括変換

bashに長いコマンドを入力する際に改行して見やすくする方法

GNOME Boxesで仮想マシン環境を構築

コマンドライン操作において関連付けに基づいてファイルなどをソフトで開いてくれる機能(xdg-openなど)

fehコマンドのモンタージュモード(サムネイル作成)

fehコマンドで大量の画像をスライドショー表示する方法

[テスト] Googleスライドで作ったスライドショーをブログで表示してみる

空を定点観測してみたタイムラプス動画まとめ 2017年6月10日〜15日

動画 : アリの群れの移動

最近見かけた虫の動画

Org-mode(Emacs)から直接gnuplotでグラフを出力する方法について